FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抄読会要旨

Intraneural hematoma after nerve stimulation-guided femoral block in a patient with factor XI deficiency. Rodriguez J, et al. J Clin Anesth 2011; 23: 234-7.

凝固異常のある患者では神経ブロックは避けるべきであるが、術前診断のついていなかったXI因子欠損症患者で、大腿神経、坐骨神経ブロック下に下腿異物除去を行い、術後に大腿血腫とそれによる大腿神経麻痺を生じたという報告である。神経刺激による大腿神経、坐骨神経ブロックが行われたが、その際、放散痛や血液逆流は認められなかった。ブロック効果が得られ、手術も問題なく終了した。術後経過も問題なく、即日退院となり、鎮痛薬と24時間後との低分子ヘパリンの投与がなされた。POD10にはじめて大体内側の硬結に気付き、精査により大腿筋膜下の血腫が判明した。この際の検査により、XI因子欠損も判明した。POD14に大腿神経麻痺改善目的に血腫除去が施行され、神経除圧の結果、運動機能の回復が得られた。術後しばらく経過してからもこのような合併症が起こりえる点で注意が必要であり、末梢神経ブロックだから大丈夫と安易な選択をすべきではないと再認識させられる報告である(柏井先生発表)。
スポンサーサイト
プロフィール

エヌユーエム

Author:エヌユーエム
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。